体験施設紹介|吉田家住宅

【重要文化財建造物】吉田家住宅 -実年代のわかる県内最古の民家-

吉田家住宅は、享保6(1721)年に建築された、実年代のわかる県内最古の民家で、平成元(1988)年に国の重要文化財建造物に指定されました。
周辺は豊かな自然に恵まれ、6月には、ほたるが飛び、サンショウウオの生息も確認できます。
そんな重要文化財の中で、火の入った囲炉裏を囲み、だんごを焼きながら、ゆっくりとした時間を過ごしてみませんか。

吉田家住宅の詳細情報

名称吉田家住宅
所在地〒355-0336  小川町大字勝呂423-1
アクセス関越道「嵐山小川」ICより車で15分
東武竹沢駅より徒歩20分
駐車場乗用車約15台(大型バスも可)
お問い合わせ体験プログラムについては、こちらのフォームよりお問い合わせください。
体験を探すボタン

トップへ戻る

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール