【食体験】和紙のふるさとでスーパーフード・楮(こうぞ)の可能性を食す!

和紙の原料には、楮の「皮」のみが使用されます。埼玉県小川町では、夏場に和紙関係者が楮の芽掻き作業(新芽を摘む、間引き)を行なうことで、幹をより太く真っすぐに育て、原料となる皮の生産量を増やしています。


その過程で、楮の「芽」については不要なものとされており、これまでは廃棄されていました。ところが、楮の芽の栄養成分を調査をした結果、なんと健康な身体づくりに重要な栄養素が豊富に含まれていることがわかったのです(下図参照)

※他にも食物繊維やBカロテンなどの含有量がすぐれていることがわかっています。

通常廃棄されている楮の芽を食す事は、楮に新たな付加価値を与え、減少に歯止めの効かない楮の生産を支えることにつながると考えています。また、和紙産業に「食」という新しい入口をつくり、裾野が広がることが期待されます。楮の芽は、和紙産業を未来につなぐことのできるスーパーフードと言えるのではないでしょうか。
健康とサスティナビリティが交差する食材「楮」をたくさんの地域食材と向き合ってきた「旅するシェフ」の一皿で味わってみませんか。また、イベント内で、その活用の可能性を伝えさせていただきます。

旅するシェフ 吉田 友則氏


横須賀生まれ。2000年~出張料理きまぐれやをスタート。その地ならではの食材や生産者への敬意、案件ごとのストーリーを踏まえて料理を創作。
全国を飛び回る吉田氏だが、食を通じて見えてくる地域の課題さえも、吉田氏の作る料理の隠し味となります。

 

コワーキングロビーNESTo 


築100年の歴史を持つ大谷石で造られた関東最大級の石蔵。且つては絹織物などの保存庫として使われていたが、リノベーションを経て人々が集える場所に生まれ変わった。1本杉のテーブル、資源を循環させる薪ストーブや一面の大谷石の壁面は圧巻の空間です。古き佳きものを明日へ繋ぐ、そんな会場で開催します。

 

開催日時2023年11月23日(木祝)17:00~19:00
受付/開始16:30/17:00~
参加費5,500円(地酒、アルコールあり)
募集人数20名 
会 場コワーキングロビーNESTo(埼玉県比企郡小川町大塚7-4)【MAP
※東武東上線・JR八高線「小川町」駅から徒歩5分
申込締切2023年11月17日(金)23:59まで
駐車場あり
後 援小川町観光協会
協 力小川町、埼玉県小川和紙工業協同組合Toi et Moi Wedding旅するシェフ 吉田友則氏立教大学西川研究室
備 考以下の注意事項の内容をよくお読みの上、ご参加ください。
◆発熱等の症状のある場合や体調が優れない場合はご参加をお控えください。
◆楮に関する食物アレルギーの調査が行われていないため、アレルギー体質の方は参加をご遠慮ください。
◆当日はメディアの取材が入り写真撮影が行われる可能性がございます。何卒ご了承ください。
お問合せおいでなせえ小川町駅前店 10:00~17:00 ☎0493-81-5670 担当:五十嵐

 

【ご予約内容の変更およびキャンセル】

食材等の準備のため、5日前以降のキャンセルにつきましては50%のキャンセル料が発生致します。ご理解の程、何卒よろしくお願い致します。

取 消 日取 消 料
5日~2日前のキャンセルご予約の料金の50%
前 日ご予約の料金の70%
当 日ご予約の料金の100%

こちらの体験もいかがですか?

  1. 保護中: 【週末限定】鬼瓦の技を気軽に…型押し鬼面づくり体験

  2. 【レベルで選べる】サイクリングモニターツアー【小川町・東秩父村・ときがわ町】

  3. YOGA&バイクインストラクターNATSUさんと一緒に自転車で走ろう!

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール