歴史を秘めて佇む史跡や往時の面影を留める町並みなど、その風情から、いつしか「武蔵の小京都」と呼ばれるようになりました。
市街地の中央に槻川が流れる小川町は、歴史を誇る小川和紙や小川絹をはじめ、建具、酒造などの伝統産業で古くから栄えた町です。
小川町の寒い冬をこえ、来年、6月には収穫できると思います。
畑からビールをつくろう!麦まきからはじめる地ビール自給チャレンジ(略してビーチャレ!)
昨年に播いた大麦でつくったマイクロブルワリーの地ビール、皆さんといっしょに飲むことができました。

畑からビールをつくろう!ビーチャレ!

3密を避け、田舎の自然を感じながら全身で深呼吸する「旅」をしてみませんか…

この秋、コロナで萎縮した心と身体に「有機の里」のおいしい空気。
そして、畑からビールをつくろう!
麦まきからはじめる地ビール自給チャレンジ(略してビーチャレ!)麦まきシーズン到来です(^^♪
武蔵の小京都と呼ばれる埼玉県小川町を散策しつつ、まち中を抜け、槻川沿いの遊歩道を歩くこと2時間。
有機の里、下里の麦畑でビール麦の種まきをしましょう

◆畑からビールをつくろう!ビーチャレ!麦まき編

料金:大人 3,000円  中学生以下 無料
参加費は当日受付時に集めさせて頂きます。

作業後、疲れた体に、乾いた喉に!
麦雑穀工房マイクロブルワリーの地ビールで乾杯つき!

<持ち物に関するお願い>
※お昼は一品持ち寄りのシェアランチ交流会をします。
必ず、1名分以上の料理をお持ちいただけるよう、お願いいたします。(主食、おかず、デザートなどなんでもOK。作ったもの、買ったものでもかまいません。)
※駅から畑まで、作業中のお飲み物などは、水筒などにいれてご持参ください。

日  程大盛況の中、無事に終了致しました。次回は2021年6月頃、麦刈り編予定
時  間未定
集合場所東武東上線「小川町駅」前
募集人数25名様 定員になり次第締め切りとさせていただきます。
所要時間9:30~15:30 
必要な物汚れてもよい服装、動きやすい靴、水筒、タオル、料理1品(一人分で結構です)
備  考車・バイクを運転の方(バイクは同乗者も含む)
自転車でご来場の方、20歳未満の方、妊娠中の方はビールの試飲はできません。

【主催】
●種まき大作戦 ハッタケンタロー
【協力】
<麦汁づくり>
●麦雑穀工房マイクロブルワリー 
http://www.craft-beer.net/zkm.html
<麦まき>
●河村農場
●馬場ファーム
●霜里農場 
http://www.shimosato-farm.com/

 感染リスクを避けて安心で楽しい旅行新しい旅のエチケットはこちら

 

こちらの体験もいかがですか?

  1. 小川町の民謡三味線弾き語り

  2. 彫刻体験で「和心」に触れる。

  3. 保護中: 〈特別宿泊プラン〉音楽イベント「ソラリズム」をもっと楽しむ。

  4. 「こうぞってなあに?」~とって、あそんで、食べてみよう!~

  5. 究極の自然派ワインを収穫から仕込みまで体験

  6. 〈人数限定〉「第7回 小川のワイン祭」に参加する。

  7. 鬼瓦体験

    伝統工芸士、鬼師の「技」に触れる。

  8. 小川町、酒蔵、見学

    【松岡醸造・帝松篇】小さな町に3つある酒蔵のひとつを訪ねる。

  9. 【MUSASHI WINERY】有機・発酵の里でワインを堪能する。

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール