埼玉県比企郡小川町「おがわ温泉 花和楽の湯」が営業再開!

取材日:2021年7月6日
テキスト・写真:大曽根悠太

都心から電車や車で一時間ちょっとの小トリップ…
武蔵の小京都・埼玉県比企郡小川町に、魅力の源泉が湧き戻ってきた。

「おがわ温泉 花和楽」
新型コロナウイルスの影響もあり、一時は営業停止となり多くのファンから惜しまれたが、七夕の7月7日に、晴れて営業再開となり、町内のみならず周辺地域の人々にも明るいニュースとして広がった。

埼玉県小川町に湧出したph10.0の強アルカリ性単純泉。 その泉質を楽しめる露天風呂「一湯一会風呂」は源泉かけ流し。 通称「美人の湯」と呼ばれ、とろとろとした肌ざわりが特徴。入った瞬間から地肌を包み込み、なめらかしっとりと保湿を与えてくれ、女性人気が高い。
 全国でも珍しい「全量総入替方式」でお湯を全て入れ替え、 新たな源泉を湯船に投入しているため、いつでも新鮮な源泉を堪能することができる。

また、外風呂に用いられる「高濃度炭酸泉」は、欧州では古くから「心臓の湯」と言われ、伝統的な入浴医療とされてきた。炭酸泉に入り続けることで血流を良くし、新陳代謝を促進すると言われ、美容効果も期待できる。
ここ花和楽の湯の炭酸泉は、それらの健康効果が最も現れやすい数値のガスが含まれている。


内風呂は、豊富な鉄分を含んだ天然地下水。神経痛や疲労回復効果が望め、間近に小川町の伝統工芸である『鬼瓦』の迫力を望める。


『美人の湯』もそうだが、花和楽の湯が女性に定評が高いポイントに”岩盤浴”がある。「麦飯石」「瑪瑙」「玉石」「神黒石」「ゲルマニウム」などの鉱物をちりばめた岩盤浴場は、老化防止や血液循環の促進、美肌効果などがあるとされている。女性限定の岩盤浴場「暖欒」では、オンドル式で熱い温泉を床の下に引き、その上に横たわり身体を芯から温める。女性専用なので、周囲を気にせずゆったりとくつろげるのがポイントだ。

(写真提供:花和楽の湯)

また、場内奥には、家族や友人と一緒に楽しめる足湯コーナーもあり、一日を通してゆったりと、様々な温浴を楽しみたい方にはオススメだ。

ほか、貸切個室風呂では、和と洋それぞれの空間で、まるで旅館のような一室とプライベートな露天風呂を楽しめる。別途料金はかかるが、何とも贅沢な空間で誰にも邪魔されずに過ごせる温泉時間は格別だ。

また入浴後は、心地よい音楽とドリンクを楽しめる「Cafe&Bar 花音」で、上質な大人の時間を楽しんで頂きたい。

うたた寝処「はなれ雲」で、湯上りに横になって休むもよし。フリーラウンジの「一休み」で、椅子やソファーに腰掛けながら休むもよし。

夏は夕涼みに、渡り廊下のシートに腰掛けながら、風鈴の音色で耳と心を休めてみてはいかがだろう?

もちろん、食事処「楽膳」でのランチ・ディナーも楽しみたい。
名物『かわら焼き膳』は、オープン当初からの人気メニュー。瓦状のプレートの上で、国産和牛・彩の自然豚(ブランド肉)を焼いて食べる。ほか、11種の季節の逸品料理をコースで楽しめる『花和楽御前』。炙り豚重、まぐろ重、天重などの各種お重。和定食、武蔵野うどんやそばなど…、彩りある和食が食卓を飾る。
食事のお供にはぜひ、小川の3蔵の地酒を飲み比べできる「三大蔵元利き酒セット」を楽しんでほしい。

また、宿泊をする際は同敷地内にある『カワラホテル』も利用可能だ。それは和風旅館のような佇まい。

部屋は「DXシングル」・「ツイン」・「DXダブル」の3つのタイプに分かれ、バリアフリーの部屋も完備。
“武蔵の小京都” 観光の滞在拠点として、ぜひ活用したいスペースだ。



ひとたび都会の喧騒を離れれば、のどかな里山と澄みきった清流がそそぐ、武蔵の小京都・埼玉県小川町。
“都会から最も近い田舎町”を満喫する至極の温泉ツーリズム。ぜひ、大切なひとと満喫してみてはいかがだろうか?


施設名おがわ温泉 花和楽の湯
所在地埼玉県比企郡小川町角山26-2
アクセス東武東上線・JR八高線「小川町駅」から徒歩約10分
関越自動車道「嵐山・小川IC」から車で約5分
電話番号 おがわ温泉 花和楽の湯: 0493-73-2683
カワラホテル:0493-81-5514
営業時間・定休日■おがわ温泉 花和楽の湯
10:00~22:00(最終入館は21:00まで)

■お食事処 「楽膳」
11:00~21:00(L.O.は20:00まで)
年中無休(※メンテナンス・点検日などを除く)

※新型コロナウイルスの影響で変更となる場合もあります
駐車場あり
公式HPhttps://www.kawaranoyu.jp/ogawa/
利用料■おがわ温泉 花和楽の湯
・ゆったり岩盤浴付きプラン (10:00~Close) :1,400円(タオルセット・浴衣込)
・ゆったりプラン(10:00~Close):大人(中学生以上)1,100円
小人(3歳~小学生)550円
※大人は「タオルセット」「館内着」が付きます
※小人は「タオルセット」が付きます

・シンプルプラン(18:00~Close): 大人(中学生以上)800円
小人(3歳~小学生)400円
岩盤浴利用料(大判タオル・岩盤浴着付き)
全日(大人・小人)400円
※岩盤浴ご利用の方は、岩盤浴利用料の他に入館料が必要です

※ほかリラクゼーション料金一覧は施設HP、またはお電話にてお問い合わせ下さい


■カワラホテル
・シングル:9,800円 (お2人でのご利用は16,200円)
・ツイン:17,280円
・ダブル:19,400円

※朝食・花和楽の湯入館料・岩盤浴利用料・各種アメニティ込。
※金曜・土曜・祝前日は1,000円増し、特定日は2,000円増し。

関連記事

  1. 埼玉県小川町・3酒蔵こだわりの地酒と2つの食事処をめぐる

  2. 埼玉県深谷市「深谷花鳥カフェ」で世界の鳥たちにふれあう

  3. 埼玉県小川町・2021年春 駅前に観光案内所『むすびめ』新装オープン!

  4. 埼玉県小川町・女郎うなぎ福助~うなぎ料理の老舗で名物の『鰻重』を食す~

  5. 埼玉県小川町・三代目清水屋~在来大豆を使ったヘルシーなおらかドーナツを食べる~

  6. 埼玉県小川町・割烹二葉旅館~山岡鉄舟ゆかりの宿を訪ねる~

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール