もと六軒長屋だったものを昭和50年前半に一軒分離し現状に。和釘の使用などから1897(明治30)年代以前の築であったと考えられる。田中家長屋(たなかけながや)新たに登録有形文化財に登録するよう、文部科学大臣に答申中です。この結果、後日行われる官報告示を経て、県内の登録有形文化財(建造物)は182件になる見込みです。
明治の偉傑 山岡鉄舟縁の料亭です。建物は国登録有形文化財。
女郎うなぎ福助は江戸時代安政2年創業。かつては割烹旅館で、その名残りを入口天井の干支の彫刻や、廊下天井の扇張りなど随所に見てとることが出来ます。現在のお店は明治時代に建てられました。入口天井には十二支の彫刻が施されている。
安政2(1855)年創業。市内を代表する料亭で当主は現在6代目。昭和期の玄関の天井は見もの。
近隣では類を見ないほどの巨大な石蔵。絹織物の卸商を営む「三協織物」所有の石蔵で、大正14年(1925)に大谷石を積み上げて造られました。
葉タバコを収めていた倉庫として使用されていた。現所有者になってからは生絹の倉庫にも。

埼玉県「歴史のみち景観モデル地区」を歩く。

小川町駅南側市街地は、江戸時代には六斎市が立つなど町の中心として繁栄し、その面影を残す町屋洋館、蔵など良質な建物が現存することが評価され、「和紙のふるさと・商都小川町」として、平成29 年に「埼玉県歴史のみち景観モデル地区」に選定されました。

そんな小川町のノスタルジックな路地裏、まち歩きを楽しんでみませんか。

 

住 所〒355-0321. 埼玉県比企郡小川町小川177
名 称特定非営利活動法人 小川町創り文化プロジェクト
営業時間現在は、新型コロナウイルス感染防止のため自粛中です。
アクセス小川町駅より徒歩6分
駐車場建物裏にあり(自家用車約5台)

 

◆「歴史のみち景観モデル地区」まち歩き

料 金お一人様 1,000円 + 資料代 300円
人 数5名~45名
所要時間60min~120min(ご相談下さい。)
集合場所現在は、新型コロナウイルス感染防止のため自粛中です。
コース事前に滞在時間をお伝え下さい。コースは、ご相談させて頂きます。

 

貸切バスお見積りのお問合せはこちら

歴史のみち景観モデル地区のまち歩きのお問合せはこちら

その他の事業について

  1. まちやどツキ予約

    川の眺め最高、町家の内装シブおしゃれなまちやどに泊まる。

  2. 鬼瓦体験

    伝統工芸士、鬼師の「技」に触れる。

  3. 埼玉県、小川町、酒蔵、観光

    小さな町に3つある酒蔵のひとつを訪ねる。

  4. 武蔵ワイナリー

    MUSASHI WINERY

  5. 小川町、酒蔵、見学

    小さな町に3つある酒蔵のひとつを訪ねる。

  6. ときがわ、民泊、予約

    山の古民家お宿 ほっこり堂

  7. 小川町の民謡三味線弾き語り

  8. 日本五大名飯

    日本五大名飯のひとつを味わう

  9. 吉田家住宅

    実年代のわかる県内最古の民家でくつろぐ。

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール