埼玉県比企郡嵐山町「ふるさと牧場」で動物たちにふれあう

嵐山町の最北端、小川町との境目にある古里地区にある立ち入り自由制の牧場。
ヤギや羊、ガチョウや水生生物など、数種類の生き物を眺めることができ、無人直売所でエサを飼って、動物たちにエサやりもできる。 動物たちのいる全エリアが格子で囲われ、こどもも安心して近づくことができる。


子ども向けのアスレチックの木製遊具があったり、コミカルなかわいい鳥の植え込みがあったりと、
牧場のすぐ周りも、何だか遊び心に満ちている♪

ふるさと牧場では、1986年の設立当初よりボランティア活動の一環で、社会参加の場として障がいのある方を受け入れていた。
その後、牧場の拡張に伴い順次働きたいという希望者の受入れも進み、現在は、「NPO法人ななさと」として組織化され約20名前後の知的・精神・発達障害などハンディを持った利用者が働き、ふるさと牧場の管理を担っている。

ななさとでは、就労支援の一環として「ふるさと牧場」での植栽管理。展示動物の世話。平飼いの養鶏によってもたらされた安心安全な地卵。伐採・廃棄される伐採材を活用した腐葉土たい肥、薪、炭、固形燃料材などを生産販売している。またJAの直売所などに配達や納品も行っている。



生産品は、牧場のある敷地内でも買えるほか、嵐山町のJA直売所などにも出荷されているとのこと。
『のんき・こんき・げんき』を基本に、働くことを通して誇りを持って社会に参加することを理念に、日々10名以上の方々が働いてる。

ふるさと牧場は随時見学を受け付けている。ぜひ気軽に、家族で遊びに来てみてはいかがだろうか?

施設名ふるさと牧場
所在地埼玉県比企郡嵐山町古里1603
電話番号0493-59-8624
入場料なし。エサやりは有料(無人販売所で購入)
公式サイトhttp://kanto.me/nanasato/

関連記事

  1. 埼玉伝統工芸会館(道の駅おがわまち)で職人の”ワザ”を感じる

  2. 埼玉県深谷市「深谷花鳥カフェ」で世界の鳥たちにふれあう

  3. 埼玉県小川町・麦雑穀工房 マイクロブルワリー~自給原料100%を目指すクラフトビールを飲む~

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール