埼玉県比企郡ときがわ町『Kuma’s cafe(クマズカフェ)』で極上の水出しコーヒーと自家製ワッフルを味わう

取材日:2021年6月9日
文章・写真:大曽根悠太

今年、埼玉県ときがわ町にオープンしたばかりの丘の上のカフェ。こだわりのタンザニア産豆で淹れる自家焙煎の水出しコーヒーと、注文が入ってから焼き上げるサクサクの自家製ワッフルが絶品で、口コミがさらなる口コミを生んでいる。

町中から来る方は、「田中十字路」から山際の西平方面へ進み、恋瀬橋を渡って1㎞進むと、右手に大きな白い横幕が見えてくる。木と木の間から『KUMA’s Cafe オープン』と書かれた白幕はとても目立ち、見過ごすことはないだろう。

道端の駐車場に車を停めて、そのまま坂道を徒歩で上がるとまもなく、風情ある古民家カフェが見えてくる。

ウッドデッキにそびえるグリーンのパラソルが、太陽の光にマッチして明るいムードを醸し出す。
そこは、ハイグレードなメニューにこだわった店主がお出迎えする極上の憩い空間。



店内に入るとさっそく、左手にある立派な3台の水出し用ドリッパーに目が惹かれる。この店の自家焙煎コーヒーは豆からドリップまで、細部にこだわっている。アフリカの大地香る、タンザニア産のハイグレードな豆を水出し用に使用。その味は口当たり柔らかく、上品な酸味と甘み、芳醇なコクと香り、そしてスッキリとした後味が残り、コーヒー通をうならせる極みの逸品だ。



タンザニアコーヒーの最高級品質を示すブランド豆である”SNOW TOP(スノートップ)”」で淹れた「ダッチ・オン・ザ・ロック」は、まるでチョコレートのようなフレーバーでコクとキレがある。栽培元の『エーデルワイス農園』(タンザニア)は高品質の豆を生産する農園として世界的に認知されている。

メインメニューのワッフルは、注文を受けてから一枚一枚生地を練り手焼きする。サクサクの食感を損なわないようテイクアウトは一切なし。焼きたてにこだわる店主の丁寧な想いが感じられる。

<デザートワッフル>と<ランチワッフル>の2パターンから選ぶことができ、1番人気の「アメリカン・ワッフル(アイスクリーム添え)」は、沖縄県産の黒蜜ソースをたっぷりとかけ、溶けだしのバターと一緒にアツアツを楽しむのが絶妙。メープルシロップではなく黒蜜…というのがミソで、バターとの和洋折衷がかもす上品な風味は、一度覚えたら忘れられなくなる。


「ツナ・サンド・ワッフル(サラダ添え)」は、デザート系とは違い生地の甘さが抑えられ、ツナとの相性は抜群!「ベーコン・エッグ・ワッフル(サラダ添え)」は、ワッフルの本場ベルギーさながらに、メインディッシュとしてワッフルを食べるのが王道のスタイルなのだ。もちろん、コーヒーとも最高のマリアージュを遂げる。

ぜひ一度、体感してみてほしい。

Kuma’s Cafeは昼~夜の通し営業ということもあり、いつどの時間帯にいってもコーヒーとワッフルが楽しめる。
オーディオコンポから流れるクラシックサウンド、店主の趣味が高じて据えられたダーツ、くるみからつくられたファンシーなマスコット…

セレクトされたインテリアは古民家のシックな風合いなじみ、何とも心地のよい極上空間は、自然と口コミで広がり、町外からも人々が訪れる。

ほぼ毎日のように、本場イギリス製のダーツ遊びたさに、各所から客が集まりにぎわうそう。
店主は19歳のころにダーツに出逢い、40年間その腕を磨いてきた。

会社員時代はシステムエンジニアとして働いていたが、念願だったカフェとしての活動領域を、ここときがわ町に見出した。今までやりたかったことの蓄積が叶い、 趣味への情熱が店の隅々を埋める。



今回は味わえなかったが、1秒間に1滴ずつ抽出された珈琲エキスとアロマの融合を楽しめる「悪魔の珈琲」、水出し特有の香りとコクを楽しめるホット珈琲「水出しHOT珈琲」、ミルク感が主張し過ぎず珈琲と一体となった「HOT・カフェ・オレ」などの至極の一杯も楽しんでみたい。

またスウィーツでは、ワッフルに限らず、珈琲との最高の組み合わせで吟味された「自家製レア・チーズ・ケーキ」も裏の定番メニュー。

蒸し返す夏は、店内のタタキで扇風機にあたりながらも快適に過ごす選択肢。(冬はストーブにあたりながら、ホットコーヒーをすするのもいい)

カラッと晴れた日は、テラスから景色を眺めつつ、読書空間にひたることができる。

一度では楽しみ尽くせないムーディな空間と上質なメニュー…
時間さえあれば、足しげく通ってみたくなる。



施設名Kuma’s Cafe (クマズカフェ)
所在地 埼玉県比企郡ときがわ町西平2384−3
アクセスJR八高線妙覚駅より車でおよそ7分
関越自動車道「嵐山小川IC」より車で約25分
電話番号 080-5464-9707
営業時間・定休日11:00~19:00(※土曜、祭日の前日は21:00まで)
毎週水曜日(※2021年7月21日より/7月20日は臨時休業となります)
駐車場あり(6台)
Wi-Fiあり
入場料無料
公式サイトなし
メニュー例ダッチ・オン・ザ・ロック (450円)
水出しHOT珈琲 (450円)
HOT・カフェ・オレ (450円)
悪魔の珈琲 (2,500円) /一セット2杯/※ご提供までに1時間ほどかかります)
アメリカン・ワッフル(アイスクリーム添え) (500円)
ツナ・サンド・ワッフル(サラダ添え) (700円)
ベーコン・エッグ・ワッフル(サラダ添え) (700円)
自家製レア・チーズ・ケーキ (350円)

…etc


関連記事

  1. 埼玉県秩父郡東秩父村「ケーキと喫茶 Cefalù」で親子のカフェ時間を過ごす

  2. 埼玉県小川町・カタクリとニリンソウの群生地とオオムラサキの林を歩く

  3. 埼玉県小川町・個性派ぞろいの”小川町のカレー”4店を食べ歩く

  4. 埼玉県小川町の伝統食『武蔵野うどん』の3つの専門店を食べ比べる

  5. 埼玉県比企郡小川町『有機野菜食堂わらしべ』で地元野菜のオーガニック料理を食べる

  6. 埼玉県入間郡越生町「オクムサ・マルシェ」で薬膳ごはんと旬のスイーツを楽しむ

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール