埼玉県小川町・富岡鬼瓦工房の鬼板師による伝統の『鬼瓦』をつくる

全国に現存する数少ない鬼瓦工房『富岡鬼瓦工房』。 鬼瓦は古くから社寺、仏閣、民家の屋根先に取り付けられ、魔除けの役割を果たしてきた。

工房では、鬼瓦から文化財の復元、装飾瓦からお土産品まで幅広く手作りで制作している。 また鬼師によって練られた粘土を用いて、実際に自分の手で造形を施す鬼瓦教室は人気が高く、工房ほか、埼玉伝統工芸会館でも随時作成体験ができる。

形成後、鬼師が預かった瓦は丸一日ほどかけ焼成される。炭素沈着により、燻し銀に焼きあがった鬼瓦は焼成前とは丸で雰囲気が違う。その質感の違いをも楽しみながら、ぜひ鬼瓦を自分の手で作ってみてほしい。

所在地埼玉県比企郡小川町飯田425-1
アクセス小川町駅より徒歩20分
駐車場あり

関連記事

  1. 埼玉県秩父郡東秩父村「コーヒー&スタジオ 今人」でこだわりの珈琲と洋食を味わう

  2. 絵本専門店・移動絵本屋「 てくてく」で自分にぴったりの一冊と出逢う

  3. 埼玉県入間郡越生町「オクムサ・マルシェ」で薬膳ごはんと旬のスイーツを楽しむ

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール