【埼玉県比企郡・外秩父エリア版】雨の日も晴の日も読書したくなるカフェ9選

ケーキと喫茶 Cefalù (埼玉県秩父郡東秩父村)

2013年にオープンした手作りの洋菓子が楽しめるカフェ「ケーキと喫茶 Cefalu(チェファル) 」。東秩父村と小川町のほぼ境目に位置し、クリーム色の外観がかわいらしい店には、カフェタイムには近隣から多くのファンが訪れる。こだわりのケーキをはじめ、クッキーやフィナンシェなど、様々な焼き菓子がディスプレイを飾る。来店する人たちは、店内で飲食する以外にも、プレゼントにクッキーやケーキを1ピースから買っていったり、家族のバースデーケーキを注文したりと、その目的は多種多様…


コーヒー&スタジオ 今人 (埼玉県秩父郡東秩父村)

東秩父村の中心部にあるウッディでムーディなロッジ風の喫茶店。ランチタイムの開始が近づくと、のぼりが通りに立ち並び、地元のひとびとがお腹と時間を満たしに来る。2代目の店主が淹れる挽きたて豆の自家焙煎コーヒーと、埼玉県産小麦粉を使用した自家製生地のピッツァが看板メニューだが、洋食はほかにもパスタやカレーなどがあり、季節によって具材などもその彩りを変える。自家製のレア・チーズケーキなど、スイーツにも定評がある。


オクムサ・マルシェ (埼玉県入間郡越生町)

外秩父山系の南部に位置するここ越生町は、そのエリア属性から”奥武蔵”という異名もあり、山の傾斜を活用した梅づくりでも全国的に知られる。そんな奥武蔵を象徴するような産品、手作り品、また体験などを紹介し、商品開発・販売もすることで、地元のアンテナショップ的存在ともなっている「オクムサ・マルシェ」。奥武蔵の山々を望む最高のロケーションを楽しみつつ、旬の素材を活かした料理やスイーツを愉しむことが出来る。


ギャラリィ&カフェ山猫軒 (埼玉県入間郡越生町)

越生町の山奥に、30年以上も前から続く一軒家カフェ。それはそれは、まるで童話の世界に迷い込んだかのような不思議な世界。雨の日は店内でドリンク片手に読書にひたり、晴の日はテラスに出てそよ風を浴び、ハンモックでうたた寝するもいい…料理はたっぷり玉ねぎをじっくりと煮込んだオリジナルルーの「古代米野菜カレー」や、国産地粉を使用した「天然酵母ピザ-」、トマトソースとモッツァレラチーズたっぷりのマルゲリータなど本格洋食を楽しめるほか、エスプレッソやラテと一緒に、自家製ケーキも楽しめる。

1

2

関連記事

  1. 埼玉県秩父郡東秩父村「ケーキと喫茶 Cefalù」で親子のカフェ時間を過ごす

  2. 埼玉県秩父郡東秩父村「コーヒー&スタジオ 今人」でこだわりの珈琲と洋食を味わう

  3. 埼玉県小川町・麦雑穀工房 マイクロブルワリー~自給原料100%を目指すクラフトビールを飲む~

Instagram

旅行中には「新しい旅のエチケット」の実施をお願い致します。

Go To TRAVEL 新しい旅のルール